こんにちは。馬油伝道師の兼佐(かねさ)です。

冬になると血色が悪くなったり、むくみやたるみが気になりませんか? 顔のたるみはリンパの流れが悪くなることで起こるといいます。

そこで今回は、1日たった5分でできるリフトアップマッサージをご紹介します。

リフトアップマッサージをはじめる前の準備

マッサージは、手や顔が温まり血流が良いときに行いましょう。お風呂上りやスチーマーを当てながら行うのがおすすめです。

また、顔の皮膚は薄くデリケートなため、必ず摩擦がかからないようにクリームやオイルなどを使用しましょう。

【使用するアイテム】
■ピュアホワイトQ10プレミアムローズの香り

ピュアホワイトQ10プラミアムローズ

今回私が使うのが『ピュアホワイトQ10プレミアムローズの香り65g』。
良質な馬油に美容成分のコエンザイムQ10を配合したリフトアップに最適なスキンケアオイルです。
ダマスクローズのエッセンシャルオイルで香りづけをしているから、香りにも癒されます。
馬油ならではのリッチなうるおいを感じながら、ぴんっとハリのある肌に導けるのが◎。
のびもよくマッサージに最適な、北海道純馬油本舗1番人気の馬油アイテムです。
この馬油をお顔全体に馴染ませたら、早速はじめていきましょう。


リフトアップマッサージの方法

①首とデコルテのリンパを流して下準備

顔のリンパは、耳下腺(じかんせん)から首を通って鎖骨へと流れていきます。
まずはリンパの最終出口となる鎖骨から始めていきましょう。
・鎖骨を指2本で内から外にゆっくり流します。左右5回行います。
・耳の下あたりの耳下腺を指2本でくるくると10回まわします。
・耳の後ろから鎖骨に向かって指4本でゆっくりと5回流します。


②額を引き上げてから首筋へ流す

額を下から上へゆっくり10回引き上げます。

③目元から首筋へ流す

目頭から骨にそって外回りに1周し、こめかみまで指を滑らせ、
最後にこめかみをプッシュします。左右5回


④頬と口周りをほぐし首筋へ流す

頬の内側から外側上方に向かって指を滑らせます。左右20回

⑤フェイスラインから首筋へ流す

人差指と中指を折り曲げ、第2関節で顎先の骨をはさみます。そのままフェイスラインへ沿って流し、耳下をプッシュしてから首筋へ流しましょう。左右10回行います。

リフトアップマッサージのポイント

1日たったの5分で出来るリフトアップマッサージの効果を上げるために
・手や体を温めた状態で行う
・リンパの流れを意識する(耳下、首、鎖骨)
・力を入れず優しくマッサージ
・オイルやクリームで滑りをよくし摩擦を防ぐ
ようにして行いましょう。


\かねさのリフトアップマッサージレポート/

私はお風呂上りに美容液と馬油を塗ってからマッサージを1日5分程度行っていました。
手や指でやるのも良いですが、私はカッサでのマッサージがお気に入り。
カッサがほど良い刺激をあたえてくれるので気持ちが良くて◎。
フェイスラインをしっかり流すと、むくみがとれて小顔効果もありました。顔のリフトアップだけでなく、肌のトーンも変わり大満足です。
マッサージの後は、化粧水をたっぷりつけて保水すると肌がもちもちになりますよ。


みなさんも馬油を使った簡単リフトアップマッサージで、この冬きゅっと引きあがった-5歳肌を目指してみてはいかがでしょうか?ぜひお試しくださいね。